施設長あいさつ

 本アイソトープ実験施設は、平成4年4月にアイソトープ総合センター(学内共同教育研究施設)として西千葉キャンパスに設置されました。平成16年4月に管理体制が変更し、それに伴い名称が「アイソトープ実験施設」へと変更されました。専任教員も管理部局である薬学研究院へと配置転換されました。しかし本施設が、千葉大学におけるアイソトープを使用した先端的研究を支援する学内共同施設であることの位置付けは何ら変更がありません。
 本施設の大きな目的は、本学におけるアイソトープの安全管理について中心的役割を担うこと、および、アイソトープを利用する教育研究の進展に資することです。具体的には、「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」や「千葉大学放射線障害予防規程」などを遵守した適正使用をするために、教育訓練の実施、アイソトープ使用実験・研究への安全管理アドバイスを行うと共に、安全に管理された研究環境や、各種のアイソトープ測定機器や研究装置などを提供することです。
 千葉大学の4キャンパスのうち、柏キャンパスにはアイソトープ実験施設がなく、西千葉キャンパスにおいても本施設が唯一のアイソトープ実験施設です。そのため、施設利用者・登録者は増加傾向にあります。本施設の設置機器を利用するために亥鼻キャンパスや松戸キャンパスからの利用者も多くなっています。今後とも、アイソトープ実験に関する安全管理を周知徹底すると共に、千葉大学の学生教員などのアイソトープ実験・研究の推進や高度化促進を目指して本施設を運営していきたいと考えています。
 アイソトープ実験では利用者の個人被ばく線量の測定とその個人データの永久管理保存などが義務付けられている管理上の問題から、これまでは、学外教育研究機関や企業研究者が本施設を利用するのは困難でした。しかし、これらの研究機関との共同研究を推進してアイソトープを利用した研究を大きく展開するには相互利用が不可欠であり、現在、学内利用者との共同研究においては学外研究者の利用が可能となっています。詳細は事務室へご連絡下さい。
 一方、福島原子力発電所事故を契機として、放射能・放射線に対する社会的関心度が高くなっています。本施設常駐の教員は、本施設管理運営に加えて、アイソトープ関連研究や放射線障害に関する研究を推進しています。千葉大学の研究成果と共に、社会に放射能・放射線に関する情報を積極的に発信することも今後の目的の一つと考えております。
 学内共同施設として、利用者や利用希望者の皆様からのご意見を調整させて頂きながら本施設を管理運営していきたいと考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016年4月
千葉大学アイソトープ実験施設長(薬学研究院教授)
荒野 泰

PAGETOP